風俗営業の罰則規定 | スナック、クラブ、ラウンジ、バー、キャバクラ、ホストクラブ等で開業をお考えの方

風俗営業の罰則規定

風俗営業を営む場合は、所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可が必要になります。

無許可営業をされたり、不正に許可を受けたりすると罰則規定が適用されることになります。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
(通称「風営適正化法」)の第49条には、許可を受けないで風俗営業を営んだ者や不正に許可を受けた者には、二年以下の懲役もしくは、二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

罰則にご注意ください!

Cyɂ₢킹

PAGE TOP